ベビー英会話教室の選び方とは?

ベビー英会話教室の選び方 その①

 

ネイティブ講師? 日本人講師?

 

ベビー英会話では、特に”英語の音に触れること”は、とっても大切です。

ネイティブスピーカーでなくても、帰国子女、若しくは同レベルの日本人英会話

講師でも十分に対応可能です。

 

ネイティブ、日本人講師に限らず大切なこと、それは指導にかける情熱、指導力、

生徒さんを楽しませることは勿論、まずは自分自身が楽しめるかどうか、

その内的な能力の有無です。

 

これは、保護者様が各講師の先生をみて判断して下さい。子どもたち以上に、

保護者の方が”違和感”を感じられるようでしたら、それは合わない教室なのかも

しれません。

 

また、ベビー英会話教室ならではのメリット、それは、横のつながりです。

お母さん同士、お母さんと先生、ベビー同士に親しみ合える環境があるか

どうかと言うことは、とても大切なポイントです。

 

同じクラスになるのであれば、ベビー英会話だけでなく、情報交換したり、お互いが

仲良くなったり、ということも大変有効なメリットになります。

 

体験レッスンや、見学にいった際には、教室の雰囲気、周りのお母さん、ベビー

たちの雰囲気をしっかりとみることがベビー英会話の選び方の一定の目安に

なります。

 

もし、少し上の幼稚園児クラス、小学生低学年クラスがあれば、そちらも

ぜひ見学してみてください。大変参考になるでしょう。小さな時に培った英語耳が

どのように活かされているか・・・その一端を感じ取ることができます。

 

ベビーから通い、今小学校高学年になっている、中学生になっている、大学生に

なっている、そんな生徒さんがいれば みさせてもらうのはとっても有益だと

思います。(そうした生徒さんがいるかどうかも確認できますし、その受け答えで

教室の質も判断できると思います)

 

ベビーの時は、殆どが始めてのえいご体験になると思います。最初に触れあう

先生の質の重要性は、強調しても強調しすぎることはありません。

 

それが、外国人講師であれ、日本人講師であれ、講師が生徒(ここではベビー)に

接する態度、視線、ちょっとしたしぐさなど、適切なものかをじっくりみてください。

 

 

ベビー英会話教室の選び方 その②

 

話せるまでの指導方針・ビジョン

 

英会話として話せるようになるまでには、2000時間英語に触れる必要がある

といわれています。

 

実施している時間、コマ数にもよりますが、例えば、1コマ1時間を継続したとして

1年間に50時間弱。2コマ取ったとして、1年100時間弱となります。

 

当然、自宅でも音楽を聞いたり、えいごのCDを聞いたりしながら、英語に触れる

機会を持たないと、相当の期間が必要となり、それまでモチベーションが続かな

かったり、話せないままとなってしまう恐れがあります。

 

何事の練習でも、家で練習・訓練するのと同じです。特に、”英会話”はお勉強で

ありません。あくまで”ことば”です。

 

きちんとご自宅でも一定数の時間をかけて頂き、日々きちんと訓練して

いれば、得手不得手に関係なく必ず話せるようになっていきます。 

 

その学習速度を加速させるのが、

 

○ベビー英会話教室の、ベビー担当講師との相性

 

●保護者様自身が楽しめているか、楽しんでいるか

(ベビーにとっては、非常に重要です)

 

○英会話に触れる習慣、生徒さん自身が楽しんでいるか


になります。

 

週に1回か2回のレッスンでのみ英語に触れ、ご自宅で一切触れ

ないようでは、英語耳はなかなかできていきません。

 

学習プロセスをどのように考えているのか、現実を厳しいことも

明るいことも公平に保護者様に伝えられる教室か?ということが

大切なポイントです。

 

 

レッスン見学、ご相談の方は、

お気軽にお電話ください。

 

TEL 06-6320-8464

概要 | プライバシーポリシー | サイトマップ
大阪 東淀川区のベビー英会話教室